エンビズ総研、P能検にスタッフ向け検定を追加

投稿日:

 エンタテインメントビジネス総合研究所(藤田宏社長)は1月24日、都内・上野のエース電研本社ビルで記者会見を開催。同社がこのほど発刊した「パチンコ参加実態調査2007」の調査結果に加え、05年から実施している「パチンコ店舗管理者実務能力試験」(略称:P能検)にスタッフ向けの検定試験を新たに追加することを発表した。

 パチンコ参加実態調査の結果については、参加人口が調査開始以来、最低水準の1345万人となり「パチスロのみする人」の大幅な減少が影響したことなどが報告された。

 P能検のスタッフ向け検定について藤田社長は「現場の最前線でお客様と接する従業員は今後、より一層お客様に不快感を与えない接客が求められる」と述べ、今年5月下旬を目処に実施することを明らかにした。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると