ハネスロ最新作は遊びやすさそのままに「×4」搭載

投稿日:

「ハネスロ」最新作をアピールしたオーイズミの大泉副社長(中央)。

 オーイズミは10月6日、都内・東上野の東京本部でパチスロ新機種『ハネスロナイツ』のプレス発表会を開催した。

 発表会でオーイズミの大泉秀治副社長は、「本機はハネスロシリーズの遊びやすさやわかりやすさなどの基本コンセプトはそのままにさらなるバージョンアップを図った。厳しい状況が続く5号機市場に求められるのはスペックカテゴリを増やすことだと考える。ぜひ他メーカーにも同様の機種を開発していただき、市場を活性化させたい」とアピール。その後、同社・特機事業本部スロット業務課の岩崎勉主任が機種説明を行った。

 新機種『ハネスロナイツ』は、RTを搭載したシリーズ第2弾『ギャラクシーウイング』(08年4月納品)とは違い、ノーマルタイプの第1弾『元祖ハネスロ』(07年10月納品)と同様のゲーム性ながら、これまでの1〜3倍ボーナス(純増60枚〜180枚)に加えて、4倍ボーナス(純増240枚)を搭載したのが大きな特徴。さらに、ボーナスの合成確率は設定6で1/75.8と元祖ハネスロ(設定6:1/78)を凌ぐ水準となっており、出玉率もシリーズ最高の最大114.8%(設定6)を実現。出玉増加に期待がもてる内容に仕上げている。納品は11月24日より。

    -新台

    © 2021 グリーンべると