月間廃業店舗数100店舗超、調査開始から8回目

投稿日:

 全日遊連に加盟する6月末現在の全国パーラー数が前月比69店舗少ない1万2180店舗だったことがわかった。全日遊連が月次で実施している「新規店舗数及び廃業店舗数の調査」の最新版が報告している。全日遊連へのパーラー加盟率は94%。

 前月比減は07年1月の調査開始からこれで17ヶ月連続。また6月中の月間廃業店舗数は107店舗と100店舗を突破していたことも判明。調査開始から月間の廃業店舗数が100店舗を超えるのは、07年2月(122店舗)、3月(114店舗)、5月(123店舗)、6月(128店舗)、10月(119店舗)、12月(135店舗)、08年3月(114店舗)に続いて今回で8回目となる。

 今年に入ってから6月までの廃業店舗数の累計は前年比118店舗少ない522店舗。ただ新規店舗数の累計は26店舗少ない133店舗にとどまっており、前年に比べ廃業ペースはやや改善したものの新規出店数は鈍化している。

 一方、6月末現在の全国加盟パーラーの遊技機設置台数は、パチンコ機では前年同期比でプラス4万8154台の279万3900台。パチスロ機は同28万7563台減の144万8836台と報告されている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると