PTB、低価格の内部管理基本調査をスタート

投稿日:

 パチンコ・トラスティ・ボード(PTB)はこのほど、低価格でPTBの監視調査が受けられる「内部管理基本調査」をスタートした。

 PTBの監視は内部統制やリスク管理、コンプライアンスなど幅広い観点からパーラー経営企業の内部に潜むリスクを洗い出し、経営課題を明確にする目的から実施されるもの。すでにPTB社員には2006年から年に1回のペースで実施されているが、今回スタートする「内部管理基本調査」では、より多くのパーラー企業が気軽に参加できるように「30万円〜」に調査費用を設定した。調査期間は2日〜4日間(別途報告書作成に10日間)。

 現在のPTB社員企業はダイナム、夢コーポレーション、ニラク、TRY&TRUST、ピーアークホールディングス、正栄プロジェクト、マルハンの7社。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると