京楽初の15インチ液晶、アバンギャルド発表

投稿日:

『CRぱちんこアバンギャルドM4』

 京楽産業.のパチンコ新機種『CRぱちんこアバンギャルドM4』のプレス内覧会が6月23日、東京・外神田にある同社東京ショールームで行われた。

 同機は同社初となる15インチ液晶を搭載。芸能プロダクションのアヴィラとのタイアップ機で、眞鍋かをりさん、小倉優子さん、浜田翔子さんなど9人の現役アイドルが15インチ液晶の中を所狭しと活躍する。アイドルたちのセクシー水着姿も必見だ。

 ゲーム進行上の大きなポイントになっているのがスロットチャンス演出。このスロット抽選で外れを引かずにモードをゲットできれば期待度がアップ。モードは4種類で、「ニャンニャン」モードならそのまま高確率状態に移行。残り3つのモードでも高確率状態に移行するチャンスがあり、なかでも「眞鍋先生モード」がもっとも期待感が大きくなっている。また『冬ソナ2』や『仕事人 桜バージョン』で好評の「連続予告スベリ」も搭載されており、スベればスベるほど大当たりへの期待度が膨らむ。さらに期待度50%オーバーの「激アツボイス予告」「コスプレ群予告」「スパイリーチ」も注目だ。

 一方、確変中の「デート」モードでは告白に対するアイドルの返事がOKなら確変大当たり。残念ながら断れても通常大当たりがある。ただし通常ラウンド消化中あるいはエンディングで「デート」モードに移行する逆転チャンスがあり、最後まで目が離せない展開をみせる。

 ギミック面では期待度の高いリーチ時に液晶の前に出現する「ビックハート」や、アイドルからのコールやメールを受信する「携帯電話」役物が注目される。

 スペックは、賞球3&10&14。大当たり確率は約1/314.75(確変時約1/31.48)。確変突入率は65%で、上始動口の場合の確変内訳は15R確変35%、2R確変30%、下始動口(電チュー)では15R確変55%、2R確変10%となっている。上下始動あわせて8個保留。確変中や時短中など電チューサポートの作動中は電チュー入賞が優先消化される。時短はすべての大当たり終了後100回転。特賞出玉は約1500個(15ラウンド×8カウント)で、平均出玉は約4850個。全国一斉開店は7月14日からとなっている。

 また同社では今回の『ぱちんこアバンギャルド』のリリースを機に、同機に出演した小倉優子さん、浜田翔子さん、折原みかさん、海川ひとみさんの4名のアイドルと行く2泊3日の沖縄旅行(10組20名)が抽選であたる「LOVE LOVEキャンペーン」を企画。応募は専用ハガキまたは官製ハガキ、同機のスペシャルサイトやモバイルサイトなどから受け付ける。キャンペーンは開店日と同じ7月14日から。沖縄旅行は9月中旬から下旬の実施予定だ。

    -新台

    © 2021 グリーンべると