名作パーティーゲーム「桃鉄」がパチスロ化

投稿日:

『桃太郎電鉄G』(C)HUDSON SOFT (C)さくまあきら (C)土居孝幸 (C)Sammy

 サミーはこのほど、今年で誕生20周年を迎えた名作パーティーゲーム「桃太郎電鉄」をモチーフとしたパチスロ新機種『桃太郎電鉄G』を発表した。

 同機はパチスロ初心者をターゲットとして、複雑なゲーム性を組み込まないノーマルタイプを採用し、さらにボーナスの合成確率では1/167.6(設定1)〜1/117.4(設定6)と初当たりの良さも実現させている。演出面では、毎ゲームさいころを振って指定の目的地(ボーナス)にたどり着くという原作の「桃鉄」らしさを盛り込んだほか、突然液晶画面が透けて「さいころ役物」が登場する「スケビ(透けるビジョン)」も搭載するなど驚きの要素も隠されている。

 一方、同時抽選役で最も期待度が高い特殊リプレイ(リプレイ・スイカ・リプレイ)成立後には、7Gの演出用RT「特急ロード」に突入。特急ロード中は各種連続演出に発展しやすくなっており、さらに期待度が高い「銀河タイム」やスケビが絡めば、ボーナスへのボルテージは最高潮に達する。ちなみに特殊リプレイの出現率は約1/75となっている。

 ボーナスは純増MAX311枚のビッグボーナスと純増91枚のミドルボーナスの2種類を搭載。納品は入替自粛期間明けの7月13日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると