役物を操作する体感型パチンコが大一から登場

投稿日:

 大一商会では4月1日、パチンコ新機種『CRワニワニパニック2』のプレス発表会を東京・上野「P・Players"cafe」にて開催した。

 同機は2000年に発表され、人気の高かった『CRワニワニパニック』の第2弾。人気アーケードゲーム「ワニワニパニック」の要素を取り入れ、液晶を覆う形でワニが出現し、巨大役物「ドデカハンマーを3つのボタンで操作してワニを叩く「ワニオワニパニックリーチ」など体感型のリーチアクションを採用。また光+衝撃音+可動体役物の3つを融合させた業界初の「衝撃告知」は発生すれば大当たり確定となる。3、7揃いは15ラウンド確変確定、その他は5ラウンドとなる。

 スペック面ではミドルスペックながら確変継続80%と連続性を重視した従来にない仕様が特長。納品は5月6日より。

    -新台

    © 2021 グリーンべると