メガ・タイトル『冬ソナ2』、確率は1/299.13

投稿日:

 京楽産業.は3月4日、都内のホテルで注目機『ぱちんこ冬のソナタ2』の特別先行展示会を開催した。

 2006 年にリリースされた初代『冬ソナ』は、設置から2年たった今でも根強い人気に支えられる異例の長期稼働に貢献。その後継機にあたるだけに、前作を上回るスケールでこの名作ドラマの世界観に迫っているのが最大のポイント。また前作で1/317だった大当たり確率は、今回1/299.13に変更されたのも注目だ。納品は4月6日から。

 確変突入率は62.8%で、上始動口で当たった場合の確変内訳は15R確変37.2%、 2R確変25.6%、下始動口で当たった場合は15R確変48.4%、2R確変14.4%となる。すべての大当たり後に時短100回転が付く。特賞出玉は約1500個(15R×8カウント)。

 今回のメガ・タイトルの投入にあたり京楽産業.では、長期にわたる大々的な稼働支援プロモーションを展開する方針で、GW、お盆、年末の各商戦のタイミングにあわせて、テレビCMなど各種のプロモーションを積極的に打っていく計画だ。

 また同社では、今回の冬ソナ2の発売にあわせて、初期費用を軽減する「わく枠プラン」も発表した。これはパチンコ枠の購入費を12回の分割払いができるプランで、枠1台あたりの支払額は月々3890円。

    -新台

    © 2021 グリーンべると