勘太シリーズ第3弾をマルホンが発表

投稿日:

 マルホン工業では2月14日、全国各拠点においてパチンコ新機種『CR勘太とまつりの連発花火R』シリーズの発表内覧会を開催した。

 同機は『CR花火師勘太』(02年)、『CR花火師勘太2』(05年)と続く勘太シリーズ第3弾。確変を期待させるモード演出を搭載し、ユーザーの心理状態を常に変化させる2桁&1桁によるシンプルで熱い図柄変動を採用。同社得意の「キャラステップアップ予告」のほか「オールマイティ図柄予告」など、通常時もプレイヤーの期待感が持続する内容となった。大当たり図柄は「7」と「3」の2図柄。「3」図柄は小当たりも含む。

 発表された2スペックのうちメインとなる『CR勘太とまつりの連発花火R』(大当たり確率1/154.8、確変突入率94.4%、確変30回転の回数切り、2or5ラウンド、「7」の大当たり終了後時短50回)は時短ループ率84.7%と高い連続性が特長。

 姉妹機の『CR勘太とまつりの連発花火』(大当たり確率1/96.2、確変突入率100%、確変8回転の回数切り、2or5ラウンド、時短60or80or100回)は甘デジながら時短ループ率75%というバトルタイプ。納品は3月16日よりスタートする。

    -新台

    © 2021 グリーンべると