高純増型ARTを搭載した『クローズ』登場

投稿日:

 (株)トリビーは2月13日、東京都新宿区の本社ショールームにてパチスロ新機種『パチスロクローズ』のプレス向け発表会を開催。同機は月刊少年チャンピオン誌上で連載されていた人気コミック「クローズ」(高橋ヒロシ作)とのタイアップ機で、1Gあたりの純増が1枚のART「クローズチャンス」が大きな特長だ。納品は4月上旬を予定している。

 そのART「クローズチャンス」は、ボーナス終了後の「チャレンジゲーム」中に特殊リプレイが成立することで突入し、ボーナス成立かパンク役(1枚役)入賞まで継続する。特殊リプレイは3種類あるが、どれが成立してもARTの仕様は同じだ。突入率は成立したボーナスによって異なり、最も期待できるのが赤7BBとなっている。ART中は特殊リプレイのみ揃うため、通常リプレイが出現した時点でボーナスは確定している。

 ボーナスの純増枚数はBBが350〜360枚、RBは約100枚。1000円あたりのゲーム数は40〜43G。ボーナスの合成確率は1/343(設定1)〜1/270(設定6)、出玉率は95%(設定1)〜108%(設定6)。ボーナスとの重複役はスイカ、チェリー、メイン役(赤7/青7・ベル・ベル)で、スイカの期待度が最も高い。

    -新台

    © 2021 グリーンべると