セガサミーHD、09年3月期業績予想を修正

投稿日:

 セガサミーホールディングス(株)は5月8日、同社公式HP上で平成21年3月期通期連結業績予想数値を修正。売上高は前回予想比59億円減の4291億円、営業利益は同58億円増の83億円、経常利益は同61億円増の66億円とした。

 売上高は遊技機事業における販売台数が想定を下回ったことによって減少したものの、営業利益・経常利益は増加。要因としては、遊技機事業の価格戦略の見直しや部材リユースなどによる粗利率の改善、広告宣伝費削減による販管費の減少、加えてアミューズメント機器事業の営業費用が想定を下回った点やアミューズメント施設事業の既存店舗収益が想定を若干上回った点などを挙げた。

 一方、当期純損失は、予想より損失が13億円増え、228億円の赤字となる見込み。アミューズメント施設の閉鎖に伴う特別損失(約20億円)やコンシューマ事業における一部タイトルの開発中止に伴う損失(約35億円)を計上するため。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると