京楽ワールドを「おぼっちゃまくん」でパロディー化

投稿日:

『CRぱちんこ おぼっちゃまくん』

 京楽産業.は4月17日、都内の東京ドームシティ内にある「プリズムホール」で進化系ぱちんこ第3弾となる新機種『CRぱちんこ おぼっちゃまくん』の発表展示会を開催した。

 今回のコンテンツ「おぼっちゃまくん」は1986年5月号から94年9月号までマンガ雑誌「コロコロコミック」で連載されたギャグマンガの名作。「東大一直線」「ゴーマニズム宣言」と並ぶ小林よしのり氏の代表作でもある。

 コンセプトは、「KYORAKUオールスター総出演」のドタバタ・パロディー。「仕事人」「冬ソナ」「ウルトラセブン」など歴代の京楽ヒット機種でお馴染みの演出を、御坊茶魔(おぼうちゃま)をメインキャラとしたハチャメチャ劇に焼き直したのが最大の特徴だ。

 チャンスゾーンは「御坊指令モード」あるいは「茶魔モード」。潜伏確変が期待される両モードは、継続すればするほど大当たりへの期待感が高まる仕組み。「緊急入院モード」では電チューサポート作動、確変状態となる。通常モードは「時代劇」「恋愛」「ヒーロー」の3ステージ。プッシュボタンで選択する。

 大当たり確率は約1/308.5のミドルバトル仕様。ただしバトルに負けても出玉のある15R通常大当たりがつく。確変突入率は72%(潜伏確変37%)。時短は大当たり終了後100回だ。大当たりは15R確変大当たりと、「チャンス」図柄のランクアップ確変大当たり、それに15R通常大当たりの3種類。15R確変と15R通常大当たりは下アタッカーが開き、出玉は約1250個。ランクアップ確変大当たり時には羽根役物の左アタッカーが作動する。

 ランクアップ確変大当たりは5R刻みで継続が判定され、5R終了時の出玉は400個、10R:800個、15R:1200個(基本的に大当たりはすべて15R。ランクアップ確変の5Rと10Rは出玉が伴うラウンド数)。賞球数は3&10&12。カウント数は8個。納品は5月17日から。

 なお当日は会場の一角で、次機種となる『仮面ライダー』の予告ムービーも流されていた。

(C)小林よしのり/小学館

    -新台

    © 2021 グリーンべると