山佐、高純増ARTメインの『夢花月』発表

投稿日:

『夢花月』

 山佐のパチスロ新機種『夢花月』は、純増約1.5枚/GのART「花月乱舞」が出玉増加のメインとなるゲーム性。納品は4月5日から開始される予定。

 ART「花月乱舞」の1回あたりの継続ゲーム数は、33・77・111・333・555・777・999Gの7種類。ART突入時に継続ゲーム数を決定するカウントアップ演出が発生し、その際に派手なエフェクトが発生するほどロングARTの期待が高まる。ART中は基本的に押し順ナビに従うだけと簡単だが、RTが終了(ATは継続)するシングルボーナス成立時には回避が必要だ。

 また、ART中に特殊リプレイが成立すると上乗せ抽選が行われ、液晶背景の季節が変化するほど上乗せの期待度が上がる。上乗せに当選した場合は、残りゲーム数の消化後に再度カウントアップ演出に突入し、新たに継続ゲーム数が決定される仕組みだ。

 さらに、プレミアムBBの「花月ボーナス」(純増210枚)に当選すると終了後に必ずARTに突入するが、その場合は77G以上が確定するほか、111G以上が選択される割合は実に85%である。ARTは完走型のためBB後に残りゲーム数を消化した後にカウントアップ演出を経て上乗せ分がスタートする。

 演出面では、ART突入の鍵を握る特殊リプレイが成立すると「こいこいチャンス」「うぐいすチャンス」のどちらかに突入。前者は3回ある勝負の内に役が完成するとART確定、後者はチャンス中にうぐいすが鳴けばボーナス、またはARTが確定する。ART突入率は内部状態で異なり、通常時の液晶背景が「夜」だと高確率状態が確定する。

-新台

© 2021 グリーンべると