破格のボーナス確率とART「闘猫」を搭載

投稿日:

『じゃりン子チエ 雷蔵伝説』

 ビージェイ販売では12月6日、バルテック製パチスロ新機種『じゃりン子チエ 雷蔵伝説』のプレス発表会を都内ホテルで開催した。

 06年8月に発売されたパチスロ『じゃりン子チエ』の第2弾。今回は、「月の輪の雷蔵」の異名を持つ「小鉄」を主役に、破格のボーナス確率とART「闘猫」のループが楽しめるゲーム性となっている。

 ボーナスは「すぺしゃるボーナス」(赤7センター揃い)、「ばくだんボーナス」(赤7ナナメ揃い)、「じゃりン子ボーナス」(白7揃い)の3種類。合成確率は1/137(設定1)〜1/124(設定6)。いずれも純増枚数は56枚。すぺしゃるボーナスは「闘猫」が確定し、その他のボーナスはボーナス中のミニゲームが「闘猫」突入の鍵を握る。

 ART「闘猫」は1セット30ゲーム(純増約1.6枚/G)。闘猫中は小鉄と宿敵のバトル演出となり、小鉄が負ければART終了。宿敵のキャラや技で継続期待度を示唆するほか、チエちゃん登場による復活演出もある。ART中はハズレ、チャンスリプレイ、レア小役、ボーナス当選でARTストックのチャンス。ART終了後は「起死回生モード」へ移行し、押し順の2択チャレンジ成功(最大3回)で「闘猫」に復活する。

 また2種類の救済機能を搭載し、通常ゲームを555ゲーム消化すると次回ボーナス成立まで3択ベルのナビが発動。さらにボーナスに10回入賞してARTに突入しなければ、次回ボーナスでは高確率でARTを抽選する。

 納品は1月23日からの予定。

(C)はるき悦巳/双葉社 企画ムーランプロモーション

    -新台

    © 2021 グリーンべると