ユニバーサル、第2四半期決算を発表

投稿日:

 ユニバーサルエンターテインメントでは11月5日、平成23年3月期第2四半期決算短信を発表した。

 売上高114億9100万円(前年同期202億2000万円)、営業損益23億9900万円(同営業利益34億4300万円)、経常損益24億6500万円(同営業利益14億1100万円)、四半期純損益36億500万円(同四半期純利益7億8700万円)。

 第二四半期ではパチスロ『デビルマンII悪魔復活』やパチンコ『CRミリオンゴッドプレミアムV』のセールスが好調に推移したものの、第一四半期の販売不振をカバーするには至らず、当期まで累計の販売台数は約2万7000台にとどまった。

 また、第1四半期で計上した為替差益約6億円がその後の為替変動により解消した他、フィリピンにおけるカジノプロジェクト「マニラベイリゾーツ」において耐震的な構造を取り入れるなどし当初計画の抜本的な変更、今後使用予定のない設計資産の償却を行っため10億4600万円の特別損失を計上した。

 なお、通期予想については為替レート変動等の不確定要因を見極めるため前回予想を据え置くとしている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると