マースエンジニアリングが業績予想を下方修正

投稿日:

 マースエンジニアリングは9月24日、今年5月に公表した業績予想を修正すると発表した。

 修正後の平成23年3月期第2四半期連結業績予想は、売上高127億4600万円(前回予想140億1100万円)、営業利益26億9900万円(同28億2800万円)、経常利益27億7200万円(同29億1200万円)、四半期純利益4億1500万円(同15億円7000万円)。

 また修正後の通期連結業績予想は、売上高272億6100万円(前回予想311億200万円)、営業利益50億2900万円(同68億円)、経常利益51億6800万円(同69億5900万円)、当期純利益16億200万円(同38億6700万円)。

 下方修正の理由について同社では、厳しさが続く経営環境、APEC開催に伴う入替自粛等、先行き不透明な状況からパーラーが設備投資を控え、売上件数が伸び悩んだと報告している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると