人情と活気を追求した「活き鮮きパチンコ」登場

投稿日:

フォトセッションの模様。

 西陣はパチンコ新機種『CR築地魚河岸三代目』を発表。5月21日には都内でプレス発表会を開催した。同機は「ビッグコミック」誌で10年以上にわたり連載中の人気マンガ、その世界観を取り入れている。

 発表会の冒頭では西陣営業統轄本部・小森孝夫部長、ソフィア研究開発部・鎌田勉部長が登壇し西陣の新スローガン「人生の1割くらいは、遊んでいい。」のコンセプトや新機種の魅力についてアピール。

 続いて声優・エッセイスト等多方面で活躍する平野文さんがゲストとして登場。平野さんは文字通り魚河岸の三代目である夫とともに「築地魚河岸三代目」の監修を担当している。

 ゲストトークで平野さんは同マンガの監修を始めるに至るまでのエピソード、セリの仕組みといった裏話を披露。また、新機種について、
「築地魚河岸三代目は女性にも人気のあるマンガ、一方でパチンコ好きな女性も大勢いますし、多くの方に楽しんでもらえるのでは。また、原作と同じ絵がパチンコで綺麗に動いているのが嬉しいですね」等と語った。
 
 スペックは大当たり確率1/309.の「FF」と1/151.4の「M」2タイプ。両スペックとも様々な場面から突入する15ラウンド確変大当たり「めでたいボーナス」を搭載、演出面ではプレイヤー参加型の激アツ演出「セリチャンス」や思わず目を見張る4匹のタイ役物が大きな特長だ。

 稼動支援として原作の掲載誌「ビッグコミック」に広告を掲載する他プレゼントキャンペーン等を実施。納品は7月4日より(地域によって異なる場合あり)。

(C)NISHIJIN/Sophia(C)はしもとみつお・大石賢一・鍋島雅治・九和かずと/小学館ビッグコミック

    -新台

    © 2021 グリーンべると