平和がアムテックス製第一弾パチンコを発表

投稿日:

『CRタコラッシュS3』

 平和は5月19日、東京営業所ショールームでグループ会社のアムテックス製第一弾となるパチンコ新機種『CRタコラッシュ』シリーズの内覧会を開催。納品は6月27日よりスタートする予定。

 アムテックスは「新規性を求めた遊技性能」や「斬新な役物」等を中心に遊技機開発を進めており、その第一弾となった同機は、3回1セットの大当たりをループさせる新システム「タコラッシュ」を搭載した「1種+2種混合タイプ」。

 ゲーム性は一般的な羽根モノと同様、初当たりまでは左打ちで左中央のスタートチャッカーに入賞させ、上部のタコ役物の羽根を開放する。役物内に玉が通過すれば、ドット上の変動がスタートし、玉がクルーンを通過して下部の「CHANCE」入賞すればリーチに発展、図柄が揃えば大当たりがスタートする。

 同機のシステムの肝となる3回1セットの「タコラッシュ」は初回大当たりからスタート。大当たり中は右打ちに変更して右下のアタッカーを狙って出玉を獲得。その後、突入する「タコラッシュ」ではそのまま右打ち消化、残り2回の大当たりまで時短が付与する。3回目の大当たり終了後は残り保留(最大4回)を使った「タコチャンス」となり、ここで大当たりを引きもどすことが出来れば、再びタコラッシュにループする仕組みだ。

 スペックは次の通り。
『CRタコラッシュミニS2』
ドット当選率:1/8.2
セット回数:2回
ラウンド数・カウント数:2Ror8R・8カウント
賞球数:3&10&13
出玉:94or661個
時短:0or100回転

    -新台

    © 2021 グリーンべると