7周年迎えた『南国育ち』に最新機が登場

投稿日:

『南国育ちスペシャル』

 平和は4月15日、東京・上野の東京営業所ショールームにてパチスロ新機種『南国育ちスペシャル』(オリンピア製)の発表内覧会を開催。初代の登場から7年目を迎える同シリーズに“スペシャル”な後継機が加わった。30パイバージョンもあり、両機種とも納品は6月6日から開始する予定。

 同機はワンセット50G、純増1.5枚/GのART「南国チャンス」を搭載。ARTの継続率は83%オーバーで、BB及びRB、ARTの最終8G+終了後1G目に「バタフライランプ」が光ればARTに突入する。また、ART中に成立したBBでは1G目がスペシャルラウンドになり、リールが逆回転すれば次回ボーナスまで継続する「無限南国チャンス」に突入する。

 内部モードには通常・高確率・天国・スペシャル南国モードの4モードがあり、それぞれでART突入率が異なる。特に期待度MAXのスペシャル南国モードでは、ART突入率75%、ART終了後に再度同モードに突入する確率も75%と文字通り“スペシャル”なモードとなっている。

 基本的なゲーム性はレバーON時の“キュイン!”でボーナス成立を告知するが、スペシャル演出としてボタンのネジりによる先告知、パトランプ告知のバリエーションアップ、レバーフリーズ演出(BB+無限ART)などパワーアップしている。

 主なスペックは、BB確率が1/397(設定1)〜1/381(設定6)、RB確率が1/655〜1/537、合成確率が1/247〜1/223、出玉率が96.2%〜116.3%。BBの純増枚数は204枚、RBは同48枚。1000円あたり30.5Gとなっている。

-新台

© 2021 グリーンべると