続編が好評連載中の競馬漫画がパチスロに

投稿日:

『みどりのマキバオー』

 平和は1月20日、東京・上野の東京営業所ショールームにてパチスロ新機種『みどりのマキバオー』の発表内覧会を開催。同機は1994年から98年まで週刊少年ジャンプにて連載され、続編「たいようのマキバオー」が週刊プレイボーイにて連載中の競馬漫画とのタイアップ機だ。納品は2月21日からの予定。

 同機にはART「マスタングラッシュ」(純増1.5枚/G・30Gワンセット)が搭載され、突入契機は通常時及びボーナス後。ART中の特定役(スイカ・特殊リプレイ)やボーナス成立で上乗せのチャンスもある仕様だ。ART中は液晶のナビに従うだけで目押しも不要。ラスト7Gでカスケードが出現し「デッドヒート演出」に発展すれば継続のチャンス。

 BBからのART突入パターンは、赤7揃いの「マキバオービッグ」と紫7揃いの「カスケードビッグ」の2種類がある。「マキバオービッグ」ではライバルとのレース演出が展開され、マキバオーが勝利すればART突入が確定。期待度は対戦相手によって異なり、ボタン連打によるチャンスアップもある。また、レーススタート前に獲得したメダルの色によってもチャンスとなる。

 一方「カスケードビッグ」では、最大のライバルであるカスケードとの一騎打ち。BBスタート後3Gまでに対戦相手が登場すればチャンスで、レースに勝利できればART突入が確定するが、その際は一撃10連オーバーにも期待できる。

 また、RBには2種類の突入演出が用意されており、通常時に成立した際は「マキバオービッグ」と同様のレース演出にてART突入を告知するが、ART中の成立では「ジャックポットチャレンジ」が発生し、自力2択に成功できれば大量上乗せのチャンスとなる。

 通常時からもART突入の可能性があり、「トレーニングモード」から「猛特訓モード」に移行すればチャンス。同モード中にボス狼が登場し、マキバオーが倒すことができればART突入となる。モード移行とART突入の鍵はスイカが握っている。

 BB確率は1/489(設定1)〜1/462(設定6)、RB確率は1/496〜1/440、ボーナス合成確率は1/246〜1/225、ART初当たり確率は1/485〜1/379、ART含めた合成確率は1/163〜1/141。BBの純増獲得枚数は200枚、RBは同60枚。1000円あたり約35〜36G。

(C)つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ

    -新台

    © 2021 グリーンべると