GCジョイコHD、今期2回目の上方修正

投稿日:

 ゲームカード・ジョイコホールディングス(山田明社長)は12月15日、8月25日に公表していた2012年3月期(2011年4月1日〜2012年3月31日)通期連結業績予想の上方修正を発表した。

 今回の上方修正は主力商品である「B∞LEX(ビーレックス)」の各台計数付ユニット及びパチスロ向けメダル貸機の販売が当初予想値を上回る見込みとなったため。売上高は前回予想から10.5%増の420億円、本業の儲けを示す営業利益は同22.9%増の43億円、経常利益は同22.9%増の43億円、当期純利益は同10.5%増の42億円にそれぞれ引き上げている。

 また配当予想の修正も発表。1株当たり25円を予想していた期末配当金を10円増配し、35円とする方針だ。増配については来年6月に開催を予定する第1期定時株主総会に付議される。

 同社はパチンコホールにプリペイドシステムを供給する日本ゲームカードとジョイコシステムズを完全子会社とする持株会社。通期連結業績予想の上方修正は今期2回目。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると