大一が「ミッションインポッシブル」を実機化

投稿日:

『CRミッションインポッシブル』

 大一商会では12月22日、ホテル日航東京においてパチンコ新機種『CRミッションインポッシブル』とパチスロ新機種『ミッションインポッシブル』のプレス発表会を開催した。

 両機は同名スパイアクション映画とのタイアップ機で、同映画のプロデューサーで主演のトム・クルーズが映像面を完全監修。「次世代型ゲームエンジン」と位置付けられた両機は、パチンコが「M:I-T」(ミッションインポッシブルタイム)、パチスロは「M:Iシステム」(ミッションインポッシブルシステム)を搭載し、不可能を可能にするミッションが多数盛り込まれているのが特長。

 『CRミッションインポッシブル』は大当たり後、電サポ50回+∞or70回+∞or100回+∞の「M:I-T」に必ず突入。電サポ中の15ラウンド大当たりはオール約2000個の出玉が保証される他、この「M:I-T」の継続率は70%超となっており、一撃性と連続性を兼ね備えている。電サポ終了時に「運命の扉」演出に突入し、ボタン連打で画面の爆弾を爆発させることができれば「トライアルミッション」(次回大当たりまで「M:I-T」が継続)に辿り着く可能性が高い仕組み。

 スペックは、大当たり確率1/394.8、高確率時1/43.8、「M:I-T」突入率100%、2or15R・9カウント、賞球数3&10&15。

パチスロ『ミッションインポッシブル』は、大一のパチスロブランド(株)ディ・ライトの市場投入第1弾。

 「M:Iシステム」の核となるのは、(1)毎ゲーム高確率でチェリー、スイカが揃いART突入の期待が高い「スコープモード」、(2)規定ゲーム数内に指定された数のベルを揃えるとミッションクリアとなりARTに突入する「ミッションインポッシブル」、(3)上乗せありのART「ジャックナイフラッシュ」(1セット40ゲーム、1ゲームあたり純増約1.4枚)、(4)ARTに突入する上位ステージ「エクストラジャックナイフラッシュ」の4つ。特に「エクストラジャックナイフラッシュ」は5〜15ゲームの間に毎ゲーム上乗せの契機となるレア小役が超高確率で揃うゾーンで、1回の上乗せ契機で最大300ゲームの上乗せも期待できる。

 両機種ともに2月初旬の納品が予定されている。

 プレス発表会ではトム・クルーズ氏から「ストーリーテラーとして大一商会は素晴らしいパートナーでプロジェクトを楽しむことができ、映画製作者の視点で象徴的なシーンを盛り込み、楽しんで頂けるように力を入れた。全てのメンバーが一生懸命取り組んだので映画、パチンコ・パチスロの両方を楽しんで頂きたい」とのビデオメッセージも寄せられた。

TM&(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
Produced under license by Cross Media International, LLC

  • 『ミッションインポッシブル』

    『ミッションインポッシブル』

-新台

© 2020 グリーンべると