店舗減少に底割れ感、S増台は8ヶ月連続に

投稿日:

 全日遊連が毎月実施している組合加盟店実態調査の11月分が12月28日に発表され、全国の営業ホール数が前月比12店舗減の1万1306店舗と報告された。

営業店舗数は今年7月と8月に統計のある07年1月以降では初めて2ヶ月連続の前月比増を記録。また翌9月も減少幅がわずかマイナス1店舗にとどまるなど底打ち気配を覗かせていた。しかし10月に入るとマイナス19店舗にダウン。11月もマイナス12店舗と、底割れ感を見せている。

 一方の設置台数では、パチンコは前月比5558台減の286万9273台、パチスロは同5168台増の132万5722台と報告されている。パチンコの前月比減は2ヶ月連続。パチスロは8ヶ月連続の前月比増となった。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると