映画公開と同時期に「カイジ2」最新作を発表

投稿日:

フォトセッションに応じる内ヶ島副社長(中央)。

 高尾では9月7日、都内港区の品川グランドセントラルタワーにおいてパチンコ新機種『CR弾球黙示録カイジ2 BATTLE』のプレス発表会を開催した。

 同機は11月5日に公開される映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」とのタイアップ機で「カイジ」シリーズとしては第4弾となる。映画とパチンコの同時発表による相乗効果を視野に入れ、11月6日に納品がスタートする予定。

 バトルタイプとなる同機は一般的なバトルスペックとは異なり、15R大当たりは全て確変に突入するほか、ランクアップ式ボーナスはラウンド中に発生する3回のバトルに全て勝利すると確変&出玉MAXが確定する「次世代バトルスペック」。映画との実写コラボ演出はもちろん、帝愛マーク出現で大当たり確定となる一発告知、激アツの「僥倖カットイン」など新演出も用意されているのが特長となっている。

 スペックはミドルタイプの『純金』(1/319.9、確変突入率76%、時短通常当たり後11回、出玉0or360or900or1350個、15R9カウント)、ライトミドルタイプの『白金』(1/199.9、確変突入率84%、時短通常当たり後11回、出玉0or180or450or675個、15R9カウント)の2タイプが用意されている。

 発表会では内ヶ島隆寛副社長が「今作は「カイジ2」シリーズの位置付けではあるが、映画とのタイアップ色を打ち出すため実写映像など新たな演出を加えるとともに、前作で納得できなかった所に手を入れ、ミドル、ライトミドルタイプでは最高峰の継続率とスピード、安心感を備えたものとなった」と挨拶。試打会とともに、映画で使用された「パチンコ・沼」の実物も設置された。

 なお、同機は発表された2スペックのリユース(『純金』→『白金』、『白金』→『純金』)のほか、前作からのリユースも可能となっている。

(C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ (C)福本伸行・講談社/2011「カイジ2」製作委員会

-新台

© 2021 グリーンべると