1-6月強盗被害認知件数は買取所あわせて約20件

投稿日:

 警察庁は9月8日、「平成23年(2011年)上半期の犯罪情勢」を発表。今年1月から6月までのぱちんこ屋・まあじゃん屋等を発生場所とする強盗事件の認知件数は前年比6件少ない11件、ぱちんこ景品買取所を狙った強盗事件の認知件数は同2件増えて8件に上っていたことを報告した。

 発生時間帯で見ると、ぱちんこ屋・まあじゃん屋等は「午後10時から午前0時」がもっとも多く3件。次いで「午後2時から4時」の2件で、残る6件は「午前0時から2時」「午前2時から4時」「午前6時から8時」「午前10時から正午」「正午から午後2時」「午後8時から10時」にそれぞれ1件ずつ発生している。

 平成14年(2002年)以降における、ぱちんこ屋・まあじゃん屋等を発生場所とする強盗事件の認知件数(年間ベース)は、95件(02年)→110件(03年)→44件(04年)→51件(05年)→36件(06年)→48件(07年)→33件(08年)→33件(09年)→26件(10年)と推移。減少傾向が見られる。

 一方、今年上半期の景品買取所を狙った強盗事件の時間帯別発生件数も「午後10時から午前0時」にもっとも多く発生。3件が確認されている。次いで多いのが「午前10時から正午」と「午後8時から10時」の2件で、残る1件は「午前6時から8時」に発生している。

 平成14年(02年)以降の認知件数は、42件(02年)→75件(03年)→42件(04年)→32件(05年)→37件(06年)→31件(07年)→20件(08年)→21件(09年)→11件(10年)。こちらも減少で推移している。

 なお景品買取所を狙った強盗事件については検挙率についてもあわせて報告。その推移は次のようになっている(検挙率は上記認知件数に占める検挙件数の比率)。40.5%(02年)→25.3%(03年)→26.2%(04年)→25.0%(05年)→29.7%(06年)→35.5%(07年)→60.0%(08年)→42.9%(09年)→45.5%(10年)→37.5%(11年1月〜6月)。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると