『大花火』がWindows(R)Phoneに登場

投稿日:

パチスロシュミレータアプリ『大花火』

 アルゼメディアネットではWindows(R)Phone初となるパチスロアプリ、パチスロシュミレータアプリ『大花火』(税込435円)を9月26日より「Windows(R)Phone Marketplace」にて配信開始した。

 大花火は1999年に登場し多くのファンに親しまれた、当時のアルゼ(現ユニバーサルエンターテインメント)を代表する機種。アプリでは同機を鮮明なグラフィックで忠実に再現。リール速度や成立役告知などをプレイヤーが設定できる機能や、同機のBGMを視聴できるミュージックプレイヤーモードも搭載している。

 同社では2010年4月、iPhone/iPod touch向けにパチスロシュミレータアプリ『大花火』を配信し、販売翌日には「App Store」有料アプリ総合ランクトップを獲得、累計14万ダウンロードを突破(9月28日現在)している。

(C)ARUZE MEDIA NET CORP./(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると