“全開”をテーマに大一が「遠山の金さん」第2弾

投稿日:

新機種をPRした杉良太郎さん。

 大一商会では6月30日、ラフォーレミュージアム六本木においてパチンコ新機種『CR遠山の金さん〜燃えろ桜吹雪〜』のプレス発表会を開催した。

 連続テレビ時代劇としてシリーズ最長の131話が放映された杉良太郎主演の「遠山の金さん」がモチーフ。

 16Rで2200個超の出玉×スピード感のある右打ち消化(超大当たり時)や、液晶を覆う超大型役物「桜吹雪披露役物」を含む計5つの役物の搭載、プレイヤーが自ら液晶図柄を斬る、滑らせるなどのアクションが楽しめる「真・斬撃センサー」、プレイヤーの胸元に「桜吹雪」が照射される「なりきり桜プロジェクター」など斬新な機能も搭載されるなど、出玉、役物、アクション全てにおいて“全開”をコンセプトにした点が特長。

 スペックは、大当たり確率1/359、確変継続率68%、全大当たり後時短50回。納品は8月22日よりスタートする予定。

 プレス発表会には杉良太郎さんも駆けつけ、代表曲「すきま風」を披露。「技術の集大成を感じましたし、迫力もある。最近は台の新陳代謝が激しすぎるので、長く使って頂きたい」と新機種をPRした。

-新台

© 2021 グリーンべると