ガイア、全220店舗対象に節電対策を実施

投稿日:

 ガイアは3月24日、グループ全店(220店舗)を対象に東日本巨大地震に伴う電力供給不足に対応した独自の節電対策を発表した。

 対策は、「空調」「照明」「遊技台」「自動販売機」「その他」の5項目。店舗内の空調は原則停止、状況に応じて送風運転とするほか、事務所・倉庫等バックヤードは完全に停止する。照明はネオンを含む店頭等外部照明および店内間接照明の消灯を徹底。待機状態にある遊技台も状況に応じて電源を落とす方針だ。自動販売機は一部を稼動停止、その他利用客の安全確保に影響しない各種機器・照明の稼動調整もしくは停止を実施する。

 この節電対策は3月12日からすでに実施に移されている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると