被災ホール従業員への雇用支援構想が浮上

投稿日:

 東日本巨大地震で被災したパチンコホールの従業員への雇用支援を目的に、被災地の仙台市に相談窓口を設置する構想が浮上している。3月25日に都内で開かれた全日遊連理事会後の記者会見で、同連合会の大城副理事長が明らかにした。

 会見で大城副理事長は、「この構想は、ある団体からすでに(全日遊連の)原田理事長に投げかけられているもの」と報告。相談窓口を訪れる求職者に対して全国ホールを受け皿として一定期間にわたって雇用していく仕組みを想定していると説明した。

 また大城副理事長はこの構想を具体化するため近く全日遊連内部に特別委員会を設置する方針も明らかにした。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると