アサヒディード、貴重な蝶を守る保全運動に参加

投稿日:

参加者全員での記念撮影。

 アサヒディードは6月24日、貴重な蝶の楽園である「三草山ゼフィルスの森」(大阪府能勢町神山地区)の保全運動に参加。板倉常務を始め、従業員とその家族を含め30名が森林保全活動の有意性について身をもって体感した。

 同社では2008年から貝塚市で植樹活動(年2回)を行うグリーンアップキャンペーンを展開し、大阪みどりのトラスト協会への寄付などを通じて環境保全活動に取り組んでいる。今回の活動は、その環境保全活動の一環として森林保全によって守られてきた「三草山ゼフィルス」(ミドリシジミ類の蝶)の生態について大阪府立大学生命環境科学研究科の広瀬俊哉さんから学んだ。

 参加した従業員からは「(植樹に比べて)小さな子どもも参加しやすく楽しめた」「お客様からグリーンアップキャンペーンについて尋ねられた時に活動内容を答えられるようにしたかった」「本部や他店舗の方とコミュニケーションが取れた。次回も実施されれば参加したい」などの感想が聞かれた

 三草山ゼフィルスの森とは、ゼフィルスの愛称で呼ばれる小型の蝶が多く生息する森。この蝶は日本に25種が存在するが、そのうち10種が三草山ゼフィルスの森に生息している。大阪みどりのトラスト協会では、この貴重な蝶を守るため同森林の地上権を設定するなど各種保全活動に取り組んでいる。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると