ART上乗せ連に特化した『喰霊-零-』登場

投稿日:

大泉副社長(筐体左)と声優陣

 オーイズミは7月15日、都内千代田区のベルサール秋葉原にてパチスロ新機種『パチスロ 喰霊-零-』のプレス発表会を開催した。

 同名コンテンツとタイアップした同機は、純増約1.5枚/G、1セット50G+αのART「喰霊チャンス」を搭載したボーナス+ARTタイプ。ARTのストック、継続率ループ、上乗せゾーンなど、現行ART機の様々な上乗せシステムを多数採り入れた「スーパーマルチART」が特長となっており、これらの上乗せシステムが連動する「RUSH解放システム」によってARTゲーム数の大量上乗せが期待できる。また、「メインリール偏重型SPEC」としてART上乗せなどの重要トリガーをすべてメインリールで制御。液晶とともにパチスロの醍醐味であるリールの出目でも期待感を高める仕様を実現している。納品は9月9日開始予定。

 プレス発表会の冒頭、挨拶に立った大泉秀治副社長は「最高峰のアニメに現役最高峰のスペックを融合させた本機はまさに奇跡の最高傑作。多くのファンに長きにわたって愛されるパチスロになることを期待している」と意気込みを述べた。また、当日は原作アニメで声優を務める茅原実里さん、水原薫さん、相沢舞さん、白石稔さんの4人がスペシャルゲストで登場し、それぞれにコンテンツや同機の魅力をアピールした。

 なお、プレス発表会後には同会場にてファンイベントも開催。3000名を超える応募の中から抽選で選ばれた500名のほか、当日参加のファンも多数詰めかけ、茅原さんら声優陣によるトークショーや実機の先行試打を楽しんだ。

(C)2008瀬川はじめ/[喰霊-零-]製作委員会

-新台

© 2020 グリーンべると