藤商事決算、遊技機販売の好調を受け黒字転換

投稿日:

 藤商事は5月11日、2012年3月期の決算短信(非連結)を発表。パチンコ遊技機でホラーという新たなジャンルの確立を目指した『CRリング 呪いの7日間』シリーズや『CR地獄少女』シリーズがパチンコファンから支持され販売台数の増加につながるなど、販売各機種ともに当初の計画を上回る販売台数となったことから、2012年3月期の業績は、売上高430億2700万円(前年比81.5%増)、営業利益72億9500万円(前年は5億200万円の営業損失)、経常利益73億2800万円(同3億8800万円の経常損失)、当期純利益40億8700万円(同7億3800万円の当期純損失)と大幅な増収増益となった。

 パチンコ遊技機では、前年度発売機種の『CR新暴れん坊将軍 不死身の闇烏』の手軽に安く遊べるタイプに加え、新規タイトルとして『CRゲゲゲの鬼太郎 妖怪頂上決戦』、『CR八丁堀の七人』、『CRリング 呪いの7日間』、『CR地獄少女』、『CRべにしゃち』『CR RAVEエンドレスバトル』の6機種を市場投入。パチンコ遊技機全体での販売台数は前年比84.0%増の13万5000台、売上高は同79.3%増の425億300万円となっている。

 一方、パチスロ遊技機では、2期ぶりに新機種『マジカルスロット魔法少女隊アルス』を市場投入し、販売台数1000台、売上高は5億2300万円となっている。

 次期の業績見通しは、売上高492億円(対前期比14.3%増)、営業利益76億円(同4.2%増)、経常利益76億円(同3.7%増)、当期純利益46億円(同12.5%増)を予想。パチンコ遊技機では、『CRデビルマンレディー』(2012年4月発売)や『CR地獄少女』の新スペックの販売が順調に推移していることに加え、新筐体第1弾『CR哭きの竜 天運』とパチスロ遊技機『パチスロ天 天和通りの快男児』の同時発売を決定。今後も稼働力を備えた新機種をより的確なタイミング市場投入する予定としている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると