アイ電子がパチスロ本格参入第1弾を発表

投稿日:

『SOLAR7』

 アイ電子(東京都荒川区/町田和男社長)では4月10日、本社ショールームにてパチスロ『SOLAR7』(ソーラーセブン)のプレス向け内覧会を開催した。

 同機はボーナス終了後1ゲーム目にRT突入抽選を行い、50%の確率で突入するRT搭載機。RTは「ソーラータイム」(50G)、「スーパーソーラータイム」(150G)の2種類。振り分けは「ソーラータイム」70%、「スーパーソーラータイム」30%となっており、RT中のボーナスの引き戻しが期待できる(最大で約63%)。

 RTの抽選は、筐体上にある7つの惑星をLEDランプが左から右に移動し、中央の3つの惑星に停止するとRT突入となる。LEDの移行パターンは30パターン+プレミア演出が用意されており、光の移動を目で追うシンプルかつスリリングなRT突入判定が味わえる。

 ボーナスは青7BB(最大純増260枚)、白7BB(同197枚)、RB(90枚固定)の3種類で、RTは1Gあたり約0.4枚の純増。ボーナスと小役の重複率はソーラー図柄+チェリーが100%、単独チェリー10%、スイカ7%、リプレイ0.1%。BB中は筐体右のチャンスランプ点灯+予告音発生で全リールに2連ソーラー図柄を1度だけ狙い、目押し成功でプラス8枚の効果が得られる(成功後のチャンスランプ点灯+予告音発生時はチェリーを目押し)。納品は5月13日よりスタートする予定。

 同社では06年よりパチスロ開発に着手し、これまで2機種のパチスロが適合しているが、適合3機種目となる同機より本格的に販売をスタート。年内中に次機種のリリースを予定する方針を示している。

-新台

© 2021 グリーンべると