マルハンWC、池治ちあき選手がグランプリ

投稿日:

グランプリを受賞した池治ちあき選手(右)。

 マルハンは8月27日、ウエスティンホテル東京で「第3回マルハン World Challengers」の最終公開オーディションを開催。一般客による投票、貴乃花光司氏をはじめとする外部審査員と同社による厳正な最終審査の結果、アルティメットの池治ちあき選手がグランプリに選ばれ、希望額満額となる協賛金200万円を獲得した。

 「マルハン World Challengers」は、世界の舞台を目指すマイナー競技、アマチュアアスリートの中から支援対象選手を選抜し、同社が活動支援を実施するプロジェクト。第3回目の開催となる今回は、応募総数270名から書類審査を経て厳選されたファイナリスト10組11名が公開オーディションに臨み、それぞれに「競技資金の必要度」「過去戦績」「ファンコミュニケション度」などをプレゼンテーションした。

 グランプリに輝いた池治選手のアルティメットとは、7人ずつが敵、味方に分かれて1枚のフライングディスクを投げ、パスをつないでエンドゾーンと呼ばれるスペースを目指す競技スポーツ。日本代表でもある池治選手は、世界選手権優勝などの実績を持つものの、現在もアルバイトや母親からの援助で競技活動を続けており、今回の協賛金は五輪正式種目に選ばれ、日本代表として金メダルを獲得するといった目標に向けて、海外遠征の費用などに充てられる。

 今回、選抜された支援対象アスリートは以下の通り(敬称略)。
1位:池治ちあき(アルティメット)/協賛金200万円
2位:梅原玲奈(スキークロス)/協賛金200万円
3位:土井健太郎、土井康太郎(車椅子卓球)/協賛金200万円
4位:岩本憧子(スキーモーグル)/協賛金150万円
5位:朝比奈綾香(自転車BMX)/協賛金100万円

 なお、惜しくも落選した大山未希選手(ビーチバレー)、奥田慎司選手(キンボール)、黒木優子選手(女子ボクシング)、谷川哲朗選手(フィンスイミング)、中野広宣選手(カイトボーディング)の5名にもファイナリストとして協賛金30万円が贈られた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると