激しさを追求した『押忍!空手部』続編が登場

投稿日:

高橋幸慈氏(左)と秋田光勇社長。

 エース電研では9月11日、都内本社でパチンコ新機種『CR押忍!空手部 激闘編』の発表記者会見を開催した。

 同機は週刊ヤングジャンプに連載された人気格闘漫画「押忍!!空手部」のタイアップ機で、07年春に発表された『CR押忍!空手部』の続編。

 “激パチ”をコンセプトに、「激烈盤面」(ドラゴン役物、激リング、大阪魂役物の3つが盤面で暴れる)、「激変演出」(20回転に一度、激リング発動から突入する21種類の特殊ゾーン)、「激闘演出」(2つのアタッカーを搭載し、どちらのアタッカーが開くかでバトルの勝率が変化)の3つに重点を置き、激しさを最大限に表現する。

メインスペックとなるマックスバトルタイプ『XNA』(確率1/387.79、高確率1/38.78、確変継続率80%)は、最近のマックスタイプでは例のない時短最大100回を搭載するなど連続性を重視しているのが特長。

 姉妹機のミドルタイプ『MNA』(確率1/278.88、高確率1/39.57、確変継続率70%)は10カウント仕様で最大出玉約2020個が得られるなどボリューム感と遊びやすさを両立させたスペックに仕上がった。

 納品は11月上旬を予定している。

 発表会では秋田光勇社長が「前作よりも男らしく、より熱く、何よりも激しさを表現した。原作さながらの激しさを皆様にぜひ体感して頂きたい」と挨拶。原作者の高橋幸慈氏は「演出に迫力を感じた。激リングが回るとワクワクして熱くなる」とPRした。

(C)高橋幸慈

  • 『CR押忍!空手部 激闘編』

    『CR押忍!空手部 激闘編』

-新台

© 2021 グリーンべると