笑顔届けた!アイスリボンが南三陸で試合

投稿日:

試合前の技体験イベント。ベルトを巻いているのが藤本選手。(南三陸さんさん商店街)

 日本遊技産業経営者同友会と南三陸さんさん商店街が主催し、日本電動式遊技機工業協同組合と回胴式遊技機商業協同組合が特別協賛する女子プロレス「アイスリボン」の試合が9月13、14日の両日に南三陸町内で行われた。

 13日には伊里前福幸商店街、平成の森体育館の2ヶ所で、また、14日には南三陸さんさん商店街特設リングで行われ、14日にはアライヴ・藤原秀旺、FREEDOMS・佐々木貴の両男子レスラーも参戦。

 試合前のイベントや場外乱闘、試合後の記念撮影などで観客と触れあい、小さな子どもからお年寄りまで会場に集まったみんなに笑顔を提供。もちろん試合では迫力ある技の応酬があり、おおいに会場を湧かせた。

 なお、アイスリボンの藤本つかさ選手は宮城県利府町出身で、アイスリボンは震災直後にも被災地キャラバンを行っている。また、藤原秀旺選手は岩手県花巻市、佐々木貴選手は一関市の出身だ。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると