カイジ第3弾は全面液晶にタッチパネル機能

投稿日:

『回胴黙示録カイジ3』

 ロデオ(総発売元:フィールズ)はこのほど、パチスロ新機種『回胴黙示録カイジ3』を発表した。

 同機は福本伸行原作による人気漫画シリーズとのタイアップ第3弾。シリーズを通して搭載されてきた大型全面液晶には、新たにタッチパネル機能を採用し、ゲーム性を高めるとともに、原作の世界観や勝負感を多彩な演出で表現している。

 スペックは1ゲーム純増約2.6枚、初期ゲーム数30〜300ゲームのAT「黙示録モード」を搭載したAT特化タイプ。規定ゲーム数消化後はループ率管理の「ストーリーバトル」に突入し、約20ゲーム継続するバトル演出に勝利すればAT継続が確定する(継続率は50〜89%)。

 また、AT「黙示録モード」はレア小役を契機とするゲーム数上乗せ演出も多彩。「クルーン上乗せ」「ざわタッチ上乗せ」などの上乗せ演出で表示されたゲーム数が倍増する「倍プッシュ」や、原作でおなじみの「限定ジャンケン」をモチーフに、ライバルとのバトル勝利で獲得した星の数だけ上乗せ演出が発生する上乗せ特化ゾーン「希望の船ステージ」(継続ゲーム数10or20ゲーム)なども搭載されている。

 通常時からのAT突入契機はゲーム数解除とレア小役による自力解除となっており、ゲーム数解除のチャンスとなる「ざわざわTIME」は連続演出に成功すればAT突入が確定。レア小役の出現率が約1/2.6にアップする「レア役RUSH」ではAT突入期待度も大幅にアップする。

 納品は9月1日より開始予定。

(C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ
(C)Sammy (C)RODEO 製造元/株式会社銀座

-新台

© 2021 グリーンべると