成通グループが太陽光発電システムを導入

投稿日:

 成通グループ(岡山市、千原行喜代表)は5月8日、中国電力管内の2店舗、九州電力管内の1店舗の計3店舗に太陽光発電システムを導入し、発電を開始したと発表した。

 導入店舗は、岡山市北区の『スーパーハリウッド青江』、広島市西区の『スーパーハリウッド1000観音』、福岡県春日市の『スーパーハリウッド1120』。

 3店舗に設置される発電パネルは合計2832枚。発電容量は約453kWとなる見込み。

 同グループでは、「設置は、各店舗の屋根面積資源を有効活用し、国の再生可能エネルギー促進施策に協力するもの」としている。

 あわせて、既存店舗照明のLED化などの節電施策も引き続き推進していくという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると