小規模事業者の業況感悪化が危機的に

投稿日:

 エンタテインメントビジネス総合研究所では1月18日、第51回パチンコ景気動向指数(DI)調査の結果を発表した。

 景気動向指数とは景況を問うた各設問に「良い」「さほど良くない」「悪い」のいずれかで答えてもらい、「良い」の回答比率から「悪い」の回答比率を引いてポイント化したもの。今回の調査は2012年12月に、同年10〜12月の景況について56社に聞いた。

 収益や売上げ、粗利等の全般的業況については前回調査から約25ポイント下落しマイナス48.6ポイントと厳しい数値。ただし例年10〜12月期の回答は厳しく、同期に関していえばここ3年は約マイナス50ポイントで推移している。

 しかしこれを事業規模別で見ると1〜3店舗経営の小規模事業者でマイナス64.7ポイントと業況感の悪化が目立ち、「大規模事業者(マイナス34.6ポイント)、中規模事業者(マイナス51.7ポイント)との格差が続けば廃業や店舗売却、統合が進むのではないか」と同社では予測する。

 また、稼働状況では4円パチンコ、20円パチスロが厳しい反面、低貸パチンコ・パチスロはともにほぼプラスマイナスゼロを維持。なお、3ヶ月後の見通しでは各項目とも回復が見込まれている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると