ダイナムJHD社長に佐藤公平氏を追加選任

投稿日:

 ダイナムジャパンホールディングス(東京都荒川区・佐藤洋治取締役兼代表執行役)は1月28日、同25日に開催された同社取締役会で、ダイナム代表取締役の佐藤公平氏を同社代表執行役に追加選任することを決議した。これにより同社は佐藤洋治氏と佐藤公平氏の複数代表体制に移行することになった。佐藤公平氏はダイナム代表取締役を兼職する。

 同社は昨年8月、パチンコホール企業として史上初の株式上場を香港市場で果たした。今回の複数代表体制への移行は、アジア市場での新規ビジネス展開を視野に入れる目的から佐藤洋治氏が主として香港に常駐することになるため。

 また同社では、アジア共同体の創生に寄与することを目的に、佐藤洋治氏が2009年12月に創設していた「一般財団法人ワンアジア財団」の代表理事として、今後香港を拠点に、ASEAN地域での経済・教育・文化交流、市民交流活動など社会貢献活動に力を注いでいくためとしている。

 2013年1月現在、ワンアジア財団はアジアの24の国と地域にある175の大学(学部)に開設または準備された「アジア共同体講座」に助成するとともに85の大学の学生に奨学金を授与している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると