ニュースバックナンバーへ

札幌市内の児童養護施設にお菓子を寄付~回胴遊商2018年11月20日(火)

お菓子を渡す徳山健一支部長(右)。

 回胴式遊技機商業協同組合(大饗裕記理事長)は10月11日、北海道札幌市内にある児童養護施設「柏葉荘」にお菓子を寄付した。

 同組合では毎年、社会貢献活動の一環として犯罪被害者への支援を目的に「理事長杯支部対抗チャリティーゴルフ大会」を開催し、「公益財団法人犯罪被害救援基金」への寄付を継続的に実施。今年も9月12日に北海道において同大会を開催する予定で準備していたが、9月6日未明に北海道胆振東部地震が発生したことから開催を中止した。

 そこで回胴遊商では同大会参加者への参加賞として用意していたお菓子130個を有効活用すべく、柏葉荘に北海道支部の徳山健一支部長ならび宮坂弥志副支部長が訪問し、すべてのお菓子を寄付した。

 後日、同施設の澤山正施設長からお礼状が贈られた。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、ご覧いただく環境によっては正しく表示されない場合がございます。予めご了承ください。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」