ニュースバックナンバーへ

回胴遊商、平成30年度の駐車場巡回活動結果を報告2018年10月12日(金)

 回胴式遊技機商業協同組合(大饗裕記理事長)は10月12日、同組合が行っている「幼児車内放置ゼロ巡回活動」の活動結果を報告した。

 同巡回活動は回胴遊商所属の組合員がホール訪問時にホール駐車場を巡回するもの。平成17年8月1日の活動開始以降、毎年実施しており今回で14年目を迎えた。また、昨年の巡回活動では組合員がホール駐車場において車内に2名の幼児がいるのを発見、速やかにホール責任者に伝え車内事故を未然防止に寄与した。

 報告によると今年も組合員1社により、幼児の車内放置を発見。回胴遊商組合員の㈱ユムラ商事(関東・甲信越支部)の従業者が、プライベートで訪れた茨城県内のショッピングセンターにある屋根付き駐車場に駐車した際、隣の駐車車両の後部座席に乳幼児を発見したため、駐車場の警備員に連絡し、車内事故を未然に防いだ。ホールの営業活動中に限らず、日常生活の中でも注意を働かせたことが発見につながった。

 その他、組合員からは「今年は猛暑だったため巡回活動が大変だった」、「立体駐車場等の暗い場所では車内の状態が把握しづらいため、LEDライトを持ち歩いて巡回した」といった総括や、「この活動についての認知度が向上しており、今まで以上にホールに感謝された」、「一般のお客様からも『お疲れ様』とよく声を掛けられ、かなり認知されてきたように感じる」といった同活動への手応えを感じる声も多く挙げられた。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、環境によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月20日(火)のイベント

  • 三洋物産パチスロ新機種『聖闘士星矢 海皇覚醒 Special』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年12月号
  • 巻頭特集
    厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
  • 特集
    ホールの動画活用
  • Special Report
    アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」