ニュースバックナンバーへ

機種サイト制作費約40%カット2018年6月19日(火)

コストダウンに繋がる様々なメリットも

 株式会社フェローズ(東京都中央区)は遊技機メーカー向け機種サイト制作サービス「おーだーめいど」の販売を開始した。同サービスは新機種リリースの際、オフィシャルサイトに掲載する機種サイトを低コストかつ短納期で制作するサービス。

 遊技機の販売台数が低減する中で、販促コストを抑制することが短期的なメーカーメリットに繋がると考える同社は、「必ず制作しなければならないが、費用対効果が望みにくい」機種サイトにフォーカスして同サービスをリリース。

 新機種リリース毎に都度制作すると費用が嵩んでしまう機種サイト制作を「フォーマット」方式で複数機種制作することにより低コスト化を図るもので、併せてデバイスごとに適切な表示をさせる「レスポンシブ対応」や広告出稿用の「バナー画像制作」なども無料で対応。「フォーマット」もテンプレートの使い回しではなく、メーカーの要望を聴き取りゼロから構築し、制作コストは下げつつも最大限クオリティを下げない方法を採っている。

 低コストで制作してできる残予算を、主力機種の販促ツールや、人件費に回すこともできる。また、金額的なコストダウンだけでなく、販促担当者の確認作業などを簡潔にすることで時間コストも減らすことが可能だと話す。

 なお、金額やオプション等のプラン内容に関してもメーカーの要望に可能な限り対応していくとのこと。


  • image
  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月20日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年11月号
    • 巻頭特集
      6号機時代、開幕!
    • 特集
      働き方改革関連法が改正
    • Report
      設定付きパチンコの出玉推移、多くのホールが甘め運用