ニュースバックナンバーへ

『春夏秋冬』最新作は半分以上が2400発2017年11月24日(金)

 西陣は11月24日、パチンコ新機種『CR春夏秋冬2400withさくらももこ劇場』を発表した。

 同機は全ての大当たり後に104回のSTに突入する王道仕様ながら、ST中の大当たりの半分以上が2400個大当たりとなる出玉力が最大の特長。今回同社は319ver.の「ZA」と258ver.の「FB」の2スペックを発表した。

 「ZA」は大当たり確率1/319.69(高確率時1/99.60)で、確変割合は100%(ST104回)。電サポは50回or100回で、電サポ中の大当たり後には必ず電サポ100回が付与される。大当たりは16R(払出値2400個)、7R(同1050個)、4R(同600個)の3種類を搭載しており、振り分けはヘソがオール7R、電チューは16Rが65%、4Rが35%となっている。賞球数は4&2&3&5&15でカウントは10。

 一方、「FB」は大当たり確率1/258.02で、高確率時の大当たり確率、確変割合、ST回数、電サポ回数、賞球数、カウントは「ZA」と共通。「ZA」との差は初当り時の出玉とST中の16比率にあり、「FB」の大当たりは16R、5R(同750個)、4Rの3種類で、振り分けはヘソがオール5R(同750個)、電チューは16Rが53%、4Rが47%となっている。

 なお、同機は来年の2月上旬にホール納品予定。ホール関係者を対象とした内覧会は11月29日に都内で開催される。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月16日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状