ニュースバックナンバーへ

ダイバーシティ推進企業目指し、LGBT研修を実施2017年10月16日(月)

LGBTについての知識と理解を深める研修を実施。11名が受講した。

 NEXUS(齊藤人志取締役社長)は10月10日、同社本社でLGBT(性的マイノリティ)についてのダイバーシティ研修を実施した。

 少子高齢化に伴う企業の人材確保の困難化を見据え、ダイバーシティ&インクルージョン施策の一つとして、「LGBTの人が安心して働くことができる職場づくり」を目的として開催し、同社の人事部、人材開発部、CS推進部、営業推進部から計11名が受講した。

 講師には株式会社アウト・ジャパンの後藤純一氏、屋成和昭氏を招き、LGBTを理解するための基本知識、LGBTを取り巻く日本や世界の状況、LGBTに取り組む意義などを学び、考える演習や顧客対応、先行事例やマーケティングなどについて学んだ。

 後藤氏は「今回のような研修を実施してくださる企業は日本ではまだまだ少ない。企業がLGBT施策に取り組む必要性を理解し、一歩を踏み出していただくことが課題。一人でも多くの方がアライ(支援者)になってくれると嬉しい」と述べた。

 受講者からは「LGBTという言葉は知っていたが、真剣に考える機会や行動する機会が少なかった」という感想が聞かれたほか、人材開発部の寺山真史次長は「今回の研修で基本的な知識や、日本の歴史を知ることができた。私自身、何ができるのかを常日頃から考えていきたい」と述べた。

 LGBTはL(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシャル)、T(トランスジェンダー)の略称で性的マイノリティの人たちの総称の一つ。日本におけるLGBTは7.6%~8%といわれている。同社ではアライ(支援者)企業であることを表明し、今後もLGBTに対する理解と支援の輪を広げていくとしている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年11月19日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年11月号
    • 巻頭グラビア
      ベガスベガス新宿東南口店
    • 巻頭特集
      どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
    • 特集
      PB機の可能性