ニュースバックナンバーへ

ユニバーサルE、特別調査委員会の調査結果を公表2017年9月1日(金)

 ユニバーサルエンターテインメント(富士本淳代表取締役社長)は8月30日、同社の岡田和生元取締役会長および同社元取締役管理本部長が関与した不正の疑いのある行為に関する、特別調査委員会の調査報告書を公表した。

 報告書によると、調査していた3件について岡田元会長が不正行為を主導して行ったことが明らかになったとしており、明らかとなった3件の不正行為について「自己の個人的な利益を図っているものであり、公私混同も甚だしく、上場企業の取締役として当然有すべき倫理感が乏しかった」と認定している。

 また、元取締役管理本部長は岡田元会長の指示を受けこれらに関与していたものと認定されている。報告書には、岡田元会長の意思決定に異議を唱えれば、地位をはく奪され、場合によっては同社グループから追放された可能性もあった中で、現実的に元取締役管理本部長が岡田元会長をどの程度止めることができたかには疑問の余地もないことはない旨も記載されている。なお、同社は、同委員会による調査期間中においても、岡田元会長が、元取締役管理本部長の自宅に赴き、当該調査の対象事項について、元取締役管理本部長を恫喝し、威迫した事実を客観的な資料に基づき把握しているという。

 同社では、これらすべての事情を総合的に考慮し、岡田元会長および元取締役管理本部長に対する然るべき措置を検討している。

 なお、今回の同委員会による調査結果の今期業績への影響はないものとしている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年11月19日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年11月号
    • 巻頭グラビア
      ベガスベガス新宿東南口店
    • 巻頭特集
      どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
    • 特集
      PB機の可能性