ニュースバックナンバーへ

プローバが広島県内の3店舗を事業承継2017年9月1日(金)

 広島県を中心にパチンコ事業を展開するプローバホールディングス(平本直樹代表取締役)は、事業会社のプローバが9月1日、広島県内のホール企業から吸収分割により3店舗を事業継承したと発表した。

 3店舗は屋号変更を行い、9月2日から営業を開始する。新店舗は以下の通り。

《プローバ廿日市木材港店》
住所:広島県廿日市市住吉一丁目6-8
《プローバ八幡店》
住所:広島県広島市佐伯区八幡一丁目15-5
《プローバ石内店》
住所:広島県広島市佐伯区五日市町大字石内字笹ヶ原494-1

 今回の事業承継によりプローバの店舗数は17店舗となり、プローバホールディングスのパチンコ事業はプローバ島根の6店舗とあわせ、23店舗に拡大した。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年9月21日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年10月号
    • 巻頭特集
      “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
    • 特集
      解説!「規則改正」
    • Report
      被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける