ニュースバックナンバーへ

RSNへの出向者、全国のホール企業から公募へ2017年7月24日(月)

 全日遊連では、5月から実施している沖縄県のリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)へのホールスタッフの派遣について、今後の出向者を全国のパチンコホール企業から公募していくこととした。7月19日の全日遊連理事会後の記者会見で阿部恭久理事長が方針を語った。

 パチンコ・パチスロの依存に関する電話相談を行うRSNでは、相談員2名と非常勤相談員が平日10時から16時まで電話相談に対応しているが、ホールでの啓発ポスターの掲出の徹底などにより、今年2月から相談件数が急増し、相談員の負担が増している。

 全日遊連ではRSNの相談員の負担軽減と相談機能の補完として、今年5月からホールスタッフ2名を相談員の補助として派遣。3カ月を任務期間とし、順次、新たな出向者と交代させる予定となっている。

 阿部理事長は、「5月から派遣が始まり7月でひとまず1組目の任期が終わるが、RSNの西村代表理事からは、予想以上に成長し戦力になっているとのお言葉をいただいた。一方で、2名が同時に交代すると一から研修を行うことになり、重複する期間を設けてほしいとも要望された。そこで1組目のうち、1名は任期を1カ月延ばすことになった。次に派遣する2名はすでに決まっているため、その後の人材を全国から募りたい」と現況を説明した。

 1組目は東京都遊協と大阪府遊協内のホール企業の社員が出向し、2組目は愛知県遊協と岡山県遊協内の企業社員の出向が内定している。

 新たに公募するのは3組目以降の出向者で、1人3ヶ月の任期で今年11月からおよそ2年間分の人材を募る。今後、全国の各都府県方面遊協から1名以内で推薦してもらい、RSNの西村代表理事の面談などにより人選していく予定という。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月18日(金)のイベント

  • 三洋物産パチンコ新機種『CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム』/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年8月号
  • 特集
    警察庁「規則改正案」
  • 巻頭特集
    浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
  • 行政講話
    警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長