ニュースバックナンバーへ

依存症対策基本法案の成立は秋の臨時国会へ2017年6月12日(月)

 与野党各党から出揃っている「ギャンブル等依存症対策基本法案」の成立が秋の臨時国会への先送りが濃厚になっていることがわかった。6月9日に開かれた日電協通常総会後の懇親会で、日電協の顧問を務める石関貴文衆院議員から報告された。

 石関議員は、「来週(6月12日から始まる週)始めにまず与党案が提出され、それに続いて民進党案が提出される見込みだが、今国会に小幅延長があったとしても、基本法案まで届かないというのが我々現場の実感だ」と述べた。

 今国会は6月18日が会期末。石関議員は小幅延長があっても法案成立は秋の臨時国会に先送りされる可能性が高いとの認識を示した。石関議員は民進党の所属。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状