ニュースバックナンバーへ

ニューギン×フィールズ、自信の『慶次』お披露目2017年6月9日(金)

ニューギンの看板機種「花の慶次」で協力体制を敷いたニューギン販売・笹本専務取締役(左)とフィールズ・吉田専務取締役。

 ニューギンは6月7日、新機種『戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜』のプレス発表会を都内で開催した。

 今回はフィールズが開発段階から協力し、細部までこだわり抜いて作り上げた自信作。ニューギンとフィールズが「花の慶次」のコンテンツにさらに磨きをかけ、新たな『パチスロ花の慶次』として提案する。

 今年は「花の慶次」の遊技機化から10周年となる記念の年。その節目にリリースする今回の『戦国パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜』について、ニューギン販売の笹本教光専務取締役は、「花の慶次シリーズの次なる10周年に向けた第一歩とするべく座組みを新たに、数々のパチスロヒット機種を送り出してきたフィールズグループと協力して開発に挑んだ自信作」と紹介した。

 また、筐体や演出などの細部までこだわり抜いたことを強調し、「慶次を育てていただいた全ての皆様へ新たなる看板機種として恩返しができる機種」と熱く語った。

 フィールズの吉田永専務取締役PS事業統括本部長は、開発協力の話をもらってからニューギングループと試行錯誤して作り上げてきたと述べ、

 「自信を持って薦められる商品だからこそ、ホール様により正しく本機の魅力を知っていただき、よりよい運営をご提案すべきであろうという結論に達した。そこで、本来であればライバル関係である両社が協力し合い、本機の営業活動を実施させていただく運びとなった。業界の明るい未来のため、あえて手を携えてご提案に臨ませていただきたい」と協力体制の目的を説明した。

 『パチスロ花の慶次』シリーズの4作目となる今作は、筐体右側にプレイヤー操作型の「大朱槍役物」を配置し、慶次の如く朱槍を握りしめ、押し込む感覚が味わえる演出を用意した。また、「花」に掛けて87(ハナ)の末尾のゲーム数に期待が持てる周期抽選システムを採用。さらに、1セット最大100G、純増2.0枚/Gの継続型ART「大合戦ボーナス」は、戦を全面的にゲーム性に取り入れ、プレイヤーの引きが勝敗を左右するなど、「花の慶次」の世界観をそのまま体感できるゲーム性となっている。

 納品は8月下旬を予定。


  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月15日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状